\NEW 恐竜や動物のリアルなフィギュア
\NEW 恐竜や動物のリアルなフィギュア

ビッグサイズで柔らか素材

手に持って遊べるソフビ素材を使用した恐竜フィギュア。柔らかい素材を使っているので、落としたり、ぶつけたりしても壊れにくく、安全です。

ビニールモデル

 

ビニールモデル

 

ビニールモデル

 

ビニールモデル

DINOSAUR
ダイナソー

太古の昔の地球に生息した、さまざまな恐竜たち

ティラノサウルス

ティラノサウルス

ティラノサウルス
Tyrannosaurus

分類:竜盤目/獣脚亜目/ティラノサウルス科
サイズ:全長12〜14メートル
生息時代:白亜紀後期

最も人気のある恐竜の一つであり、史上最大級の陸生肉食動物。下顎が他の獣脚類と比べると巨大で、噛む力は相当強力だった。歯には特徴的なセレーション(鋸歯)があり、獲物の肉を引き裂くのに適した構造になっている。前肢は退化して指は2本しかなく一見貧弱だが、その力は強力で、獲物を押さえ込むには十分な力を持っていたと考えられている。

トリケラトプス

トリケラトプス

トリケラトプス
Triceratops

分類:鳥盤目/角竜下目/ケラトプス科
サイズ:全長7〜9メートル
生息時代:白亜紀後期

ティラノサウルスとともに高い知名度を誇る中生代白亜紀後期に生息していた最大級の角竜類恐竜。その名の由来ともなる鼻と目の上の3本の長い角が特徴で、その3本の角および後頭部から首の上に伸びたフリルの機能については、捕食動物に対する威嚇や防御機構、同種間での縄張り競争や求愛に用いられたというさまざまな説がある。

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス
Brachiosaurus

分類:竜盤目/竜脚形亜目/ブラキオサウルス科
サイズ:全長22メートル
生息時代:ジュラ紀後期

ほぼ完全なる全身骨格が存在する最大級の草食性恐竜。前肢が後肢より長く、肩から腰にかけて傾斜すること、尾が短いなど、他の竜脚類とは異なる特徴を持つ。かつては水の中に生息していたと考えられていたが、胸に横隔膜がなく、水圧で肺が潰され呼吸できないという理由から、現在では陸生であったと考えられている。

プテラノドン

プテラノドン

プテラノドン
Pteranodon

分類:翼竜目/翼指竜亜目/プテラノドン科
サイズ:翼開長7メートル
生息時代:白亜紀後期

最も有名な翼竜であり、北米で最初に発見された翼竜でもある。頭部の後方(人間では額の部分)がトサカ状に細長く伸びているのが特徴で、最大で頭骨は長さ1.8mに達する。トサカの形状で2種類(ロンギケプスとステルンベルギ)が認められている。飛行方法は上昇気流にのり、グライダーのように滑空していたと考えられている。

ステゴサウルス

ステゴサウルス

ステゴサウルス
 Stegosaurus

分類:鳥盤目/剣竜下目/ステゴサウルス科
サイズ:全長9メートル
生息時代:ジュラ紀後期

剣竜類の中では最大級で、最も名の知れた恐竜。剣竜類は背中から尾にかけて骨板が2列に並ぶことが特徴で、尾の先端にある4本の棘は防御用に振り回していた。ステゴサウルスは背中の上に並ぶ骨板が大きな菱型ないし三角形になることで識別できる。大きな体に比べ特に頭は小さく、脳が小さい(約30gほど)。

ティラノサウルス レッド

ティラノサウルス レッド

ティラノサウルス
Tyrannosaurus

分類:竜盤目/獣脚亜目/ティラノサウルス科
サイズ:全長12〜14メートル
生息時代:白亜紀後期

最も人気のある恐竜の一つであり、史上最大級の陸生肉食動物。下顎が他の獣脚類と比べると巨大で、噛む力は相当強力だった。歯には特徴的なセレーション(鋸歯)があり、獲物の肉を引き裂くのに適した構造になっている。前肢は退化して指は2本しかなく一見貧弱だが、その力は強力で、獲物を押さえ込むには十分な力を持っていたと考えられている。

トリケラトプス

トリケラトプス

トリケラトプス
Triceratops

分類:鳥盤目/角竜下目/ケラトプス科
サイズ:全長7〜9メートル
生息時代:白亜紀後期

ティラノサウルスとともに高い知名度を誇る中生代白亜紀後期に生息していた最大級の角竜類恐竜。その名の由来ともなる鼻と目の上の3本の長い角が特徴で、その3本の角および後頭部から首の上に伸びたフリルの機能については、捕食動物に対する威嚇や防御機構、同種間での縄張り競争や求愛に用いられたというさまざまな説がある。

イグアノドン

イグアノドン

イグアノドン
Iguanodon

分類:鳥盤目/鳥脚亜目/イグアノドン科
サイズ:全長7〜9メートル
生息時代:白亜紀前期

恐竜研究の最初期に発見され、英国のG・マンテルによって最も早く(1825年)命名された恐竜である。イグアナに似ていることからこの学名(イグアナの歯という意味)が付けられた。前肢の親指の爪がスパイク状になっているのが特徴で、足跡などから、四足歩行することが多かったと考えられている。日本でも石川県や福井県にまたがる手取層群から、イグアノドン類の歯などの化石が大量に発見されている

ディプロドクス

ディプロドクス

ディプロドクス
Diplodocus

分類:竜盤目/竜脚形亜目/ディプロドクス科
サイズ:全長25〜30メートル
生息時代:ジュラ紀後期

ジュラ紀後期の北米大陸に生息していた大型の草食恐竜。他の竜脚類と比べ前肢が短く、首から頭部までが地面に近い位置にあった。このことから樹上だけでなく、背の低い植物も口の前方に並ぶ櫛のような歯で漉くようにして摂食していたと推測される。体の半分以上ある長い尻尾は、尾椎骨が80個にもなり、鞭のように左右に振り肉食恐竜から身を守っていたと考えられている。

ヴェロキラプトル

ヴェロキラプトル

ヴェロキラプトル
Velociraptor

分類:竜盤目/獣脚亜目/ドロマエオサウルス科
サイズ:全長1.8〜2メートル
生息時代:白亜紀後期

白亜紀後期にモンゴルや中国などに生息していた獣脚類に属する小型恐竜である。後肢第2指の巨大な鉤爪が最大の特徴であり、これを獲物を捕殺する際の武器にしていたと考えられている。
また、近年発見された化石には羽毛の痕跡が見つかっており、ヴェロキラプトルが羽毛恐竜であった可能性が、かなり高まっている。

ティラノサウルス

ティラノサウルス

ティラノサウルス
Tyrannosaurus

分類:竜盤目/獣脚亜目/ティラノサウルス科
サイズ:全長12〜14メートル
生息時代:白亜紀後期

最も人気のある恐竜の一つであり、史上最大級の陸生肉食動物。下顎が他の獣脚類と比べると巨大で、噛む力は相当強力だった。歯には特徴的なセレーション(鋸歯)があり、獲物の肉を引き裂くのに適した構造になっている。前肢は退化して指は2本しかなく一見貧弱だが、その力は強力で、獲物を押さえ込むには十分な力を持っていたと考えられている。

トリケラトプス

トリケラトプス

トリケラトプス
Triceratops

分類  :鳥盤目/角竜下目/ケラトプス科
サイズ :全長7〜9メートル
生息時代:白亜紀後期

ティラノサウルスとともに高い知名度を誇る中生代白亜紀後期に生息していた最大級の角竜類恐竜。その名の由来ともなる鼻と目の上の3本の長い角が特徴で、その3本の角および後頭部から首の上に伸びたフリルの機能については、捕食動物に対する威嚇や防御機構、同種間での縄張り競争や求愛に用いられたというさまざまな説がある。

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス
Brachiosaurus

分類:竜盤目/竜脚形亜目/ブラキオサウルス科
サイズ:全長22メートル
生息時代:ジュラ紀後期

ほぼ完全なる全身骨格が存在する最大級の草食性恐竜。前肢が後肢より長く、肩から腰にかけて傾斜すること、尾が短いなど、他の竜脚類とは異なる特徴を持つ。かつては水の中に生息していたと考えられていたが、胸に横隔膜がなく、水圧で肺が潰され呼吸できないという理由から、現在では陸生であったと考えられている。

プテラノドン

プテラノドン

プテラノドン
Pteranodon

分類:翼竜目/翼指竜亜目/プテラノドン科
サイズ:翼開長7メートル
生息時代:白亜紀後期

最も有名な翼竜であり、北米で最初に発見された翼竜でもある。頭部の後方(人間では額の部分)がトサカ状に細長く伸びているのが特徴で、最大で頭骨は長さ1.8mに達する。トサカの形状で2種類(ロンギケプスとステルンベルギ)が認められている。飛行方法は上昇気流にのり、グライダーのように滑空していたと考えられている。

モササウルス

モササウルス

モササウルス
Mosasaurus

分類:爬虫綱/有鱗目/モササウルス科
サイズ:全長 12.5〜18メートル
生息時代:白亜紀後期

白亜紀後期の海で繁栄したモササウルス科の中では最大級で、ワニのような頭部と樽型で流線型の胴体と、鰭状に進化した四肢が特徴の海生爬虫類である。頭部には、口を大きく開けることができる二重関節の顎を持ち、捕らえた獲物を丸呑みにしていたと考えられている。近年になって近縁種であるプラテカルプスの研究から、サメのような三日月型の尾鰭を持っていた可能性も指摘されている。

MARINE LIFE

世界の大洋に生きる、さまざまな海の生き物たち

ホホジロザメ

ホホジロザメ ビニールモデル

ホホジロザメ
Great White Shark

分類:ネズミザメ目/ネズミザメ科/ホホジロザメ属
サイズ:全長約8メートル
生息地:亜熱帯、亜寒帯

側頭部が白いことが和名の由来。体長4mから5m程度が平均とされているが、最大、体長8m、体重3000kgを超えるような個体が生息している可能性がある。がっしりした流線紡錘型で、背側は濃灰色から黒色、腹側は白色である。体色を背側から腹側へ見ると、グラデーションではなく、1本の線ではっきりと分けられている。瞬間的にかなりのスピードで泳ぐことができ、最高遊泳速度は時速25から35km程度と言われている。

キングペンギン

キングペンギン ビニールモデル

キングペンギン
King Penguin

分類:ペンギン目/ペンギン科/オウサマペンギン属
サイズ:体長約90センチメートル
生息地:南大西洋とインド洋の、南緯45度から55度にかけて位置する亜南極の島

エンペラーペンギンに次ぐ大型のペンギンで体長は85cm-95cm、体重は10kg-16kgほどである。棲む場所により呼び方が変わり、南大西洋に生息する個体群は亜種ヒガシキングペンギン、インド洋の個体群は亜種ニシキングペンギンと呼ばれている。エンペラーペンギンに比べフリッパー(翼)が大きい。親鳥は首をぐるぐる回して届く範囲を自分のなわばりだと考えるらしい。繁殖地では、ほぼ等間隔を保った親鳥たちが立って並んでいる。現在は地球温暖化の影響で南極の近くにすむキングペンギンの餌が減り、絶滅する可能性もあるとの研究結果がでている。

ジェンツーペンギン

ジェンツーペンギン ビニールモデル

ジェンツーペンギン
Gentoo Penguin

分類:ペンギン目/ペンギン科/アデリーペンギン属
サイズ:体長約80センチメートル
生息地:亜南極の島々と南極半島、フォークランド諸島など

ジェンツーペンギンは、ペンギン科・アデリーペンギン属に分類されるペンギンの一種である。体長は75cm~90cm、体重は4kg~7kgほどで、ペンギン18種類のうち、コウテイペンギン、キングペンギンに次いで3番目に大きい。ジェンツーペンギンの泳ぐ速度は36km/hほどで最も速く泳ぐペンギンとされている。アデリーペンギン属のなかでは最も暖かいところに住み、ペンギンの中では活発で好奇心が最も強いとされている。外見は頭頂部を通って両目をつなぐような白い帯模様が特徴的である。また、くちばしの両側は赤色で目は茶色である。同じアデリーペンギン属のアデリーペンギン、ヒゲペンギンと同様に尾羽が長いのも特徴。性格が温和でひょうきんな事からオンジュン(温順)ペンギンと呼ばれたこともある。英名のGentooは「異教徒」を表すポルトガル語””Gentio””に由来し、特徴である両目の上の白い模様をターバンに見立てている。

イワトビペンギン

イワトビペンギンビニールモデル

イワトビペンギン
Rockhopper Penguin

分類:ペンギン目/ペンギン科/マカロニペンギン属
サイズ:体長約60センチメートル
生息地:南インド洋南部から南大西洋

イワトビペンギンは、ペンギン科マカロニペンギン属のうち近縁な3種の総称名である。 ゲームソフトのキャラクターやCMなどに度々登場する人気のペンギンである。 体長45-58cmほどのやや小型のペンギンで、その名の通り、両足を揃えて飛び跳ねながら移動するしぐさや成鳥の目の上にある鮮やかな飾り羽が特徴。性格は攻撃的で、近くを通ったりすると攻撃してくる。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ ビニールモデル

ホッキョクグマ
Polar Bear

分類:ネコ目/クマ科/クマ属
サイズ:全長約2メートル
生息地:北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部、北極圏

全身が白い体毛に覆われているように見えるため、シロクマ(白熊)と呼ばれる事も多い。 クマ科では最大種となる。 生息地によって大きさに違いがあり、ロシアのチュクチ海に生息する個体群が最も大型化するとされている。ホッキョクグマは流氷水域、海岸などに生息し、冬季には流氷の南下に伴い南へ、夏季には北へ移動する。 地域によっては直射日光、天候や外敵から逃れるための風通しの良い巣穴を作る。他種のクマと比較すると頭部は小さいが、長い頸部を持っている。また、耳介は短く、寒冷地に適応している。長い首や流線型で小さな頭は遊泳への適応結果とされ、何時間も氷海を泳ぐ事ができる。また、クマの中では高い視力を持っている。雑食獣であるクマの中で最も肉食性が強い種であり、ヒグマに比べ歯がより特殊変化している。

THE ANIMAL WORLD

いまを生きている、さまざまな動物たち

ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ
Giant Panda

分類:食肉目/クマ科/ジャイアントパンダ属
サイズ:体長約1.5メートル
生息時代:中国南西部の四川省、陜西省、甘粛省の標高1300-3500mの山岳地帯

白と黒にはっきりと分かれた体毛が際立ち、その愛くるしい姿は人々の人気者である。名前の由来は、ネパール語で「竹を食べるもの」を意味している。主食は竹の幹、葉、タケノコである。稀に昆虫や小型哺乳類なども捕食することもある。前足には5本の指の他に、手首の骨が変化してできた第6の指と呼ばれる出っぱりがある。また、小指側に第7の指と呼ばれる出っぱりがある。足の裏には防寒と雪の中での滑り止めのために毛が生えている。ジャイアントパンダの鋭い犬歯は、竹を主食にしていても肉食動物の仲間であることの証明である。

アムールトラ

アムールトラ ビニールモデル

アムールトラ
Siberian tiger

分類:ネコ目/ネコ科/ヒョウ属
サイズ:体長約2.5メートル
生息時代:ロシア極東の沿海地方およびハバロフスク地方、アムール川、ウスリー川流域

“現存するネコ科の中で最大の亜種であり、極めて寒冷な地域を主な生息域としていることから、他の亜種に比べ長い体毛をそなえている。森の違法伐採や毛皮や漢方薬になる骨のために密猟者が後をたたず、野生のアムールトラの個体数は500頭程度しか生息していない。絶滅の危険性が高い動物「レッドリスト」の絶滅危惧種にランクされている。

ライオン

ライオン ビニールモデル

ライオン
Lion

分類:ネコ目/ネコ科/ヒョウ属
サイズ:体長約2.5メートル
生息時代:アフリカ サバンナ/インド 落葉樹林

アフリカの動物といえばライオンというほど代表的な獣である。オスのライオンの外見は「たてがみ」が特徴的でその凛々しい姿から百獣の王と呼ばれる。狩りは主にメスが集団で協力し合って行い、目当ての群れを数箇所から囲い込むのが典型的な狩りのスタイルである。大型の獲物でも狩ることができる力強い脚部と強力な顎をもち、約8cmの犬歯をそなえている。

アジアゾウ

アジアゾウ ビニールモデル

アジアゾウ
Asian Elephant

分類:長鼻目/ゾウ科/アジアゾウ属
サイズ:体長約6メートル
生息時代:南アジアおよび東南アジア

主に森林の川や池など、水が近くにある場所で生息し、メスと幼獣からなる3-15頭ほどの群れを形成し、経験豊かなメスがリーダーとなる。オスは10歳前後になると群れからはなれ、オスで構成された群れに入り生活するが、単独で生活することもある。

ニシローランドゴリラ

ニシローランドゴリラ ビニールモデル

ニシローランドゴリラ
Western Lowland Gorilla

分類:サル/人間/ゴリラ
生息地:中央アフリカ(中央アフリカ)の熱帯雨林

それは存在する最大の体を持つ最大の霊長目です。日本の動物園のゴリラはすべてニシローランドゴリラです。体の毛は短く、頭は黒く、赤と茶色がかった色で、鼻先の小さな突起が特徴です。熾烈に見えますが、ゴリラは自然に優しくて攻撃的ではありません。彼らの主食は木の根、芽、果物、樹皮であり、彼らは菜食主義者であり、動物性物質をほとんど食べません。

掲載商品一覧

Shop

本店(名古屋)

[平日] AM11:00~PM7:30
[土/日/祝日] AM10:30~PM8:00

店舗詳細
岡崎店

[平日] AM 10:00~PM 8:00
[土/日/祝日] AM10:00~PM8:00

店舗詳細
Share SNS
最新情報やお得な情報を
お届けします